lion
presented by LION

「アートで、ひらけ、自分。」をテーマに、若者の自己表現を応援するプロジェクト
「NONIO ART WAVE」。2年目となる今年も、新進アーティストの発掘と支援を目的に、
アートアワードを開催します。

審査で選ばれた3名の方の作品は、展示発表の機会とともに、
来年全国で発売されるNONIOの限定アートパッケージに採用させていただきます。
いつものお店の商品棚や、毎日見ている洗面台。
そんな日本中の当たり前の風景を変えるような、あなたらしい表現を作品にしてください。

今年は、ペインティング/グラフィック・イラストレーション/写真という3つの部門に拡大。
日本を代表するアーティストやデザイナー、キュレーター、編集者たちが、
みなさんの作品と本気で向き合い、審査します。
まだ世の中に知られていないあなたの才能を、待っています。

3つの部門

今回はペインティング、グラフィック・イラストレーション、写真の3部門から構成されます。

ペインティング部門

油絵、水彩画、アクリル画、版画など画材・手法を問わず、自由に表現された平面作品。

グラフィック・イラストレーション部門

グラフィックデザイン、イラストレーション、タイポグラフィなど、絵・図・文字・記号・画像などを用いて表現された作品。

写真部門

カメラを介して写し撮ったあらゆる写真作品。

審査員

  • 岩渕貞哉

    岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)

    岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)

    1975年横浜市生まれ。1999年慶応義塾大学経済学部卒業。2002年より『美術手帖』編集部に携わり、2008年から現職。美術出版社取締役。2019年、アートECサイト「OIL by 美術手帖」をローンチ。公募展の審査員やトークイベントの出演など、幅広い場面で現代のアートシーンに関わる。

    https://bijutsutecho.com/

  • 木村絵理子

    木村絵理子(キュレーター/横浜美術館主任学芸員)

    木村絵理子(キュレーター/横浜美術館主任学芸員)

    2000年より同館勤務、現代美術の展覧会を中心に企画。また2005年よりヨコハマトリエンナーレを担当、2020年展企画統括。横浜美術館での主な企画展に、「BODY/PLAY/POLITICS」展(2016年)、「Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術」展(2013年、シンガポール美術館との共同企画)をはじめ、奈良美智展(2012年)、高嶺格展(2011年)、束芋展(2009-10年)など。

    https://yokohama.art.museum/

  • 名和晃平

    名和晃平(彫刻家)

    名和晃平(彫刻家)

    1975年生まれ。京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。独自の「PixCell」という概念を軸に、様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。 近年は建築や舞台のプロジェクト にも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。

    http://sandwich-cpca.net/art/

  • 服部一成

    服部一成(グラフィックデザイナー)

    服部一成(グラフィックデザイナー)

    1964年東京生まれ。主な仕事に、「キユーピーハーフ」などの広告や雑誌『流行通信』『here and there』『真夜中』のアートディレクション、「三菱一号館美術館」「弘前れんが倉庫美術館」のロゴタイプ、「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」「原田治展 『かわいいの発見』」などの告知物や図録のデザイン、ロックバンド「くるり」のアートワークなど。

  • 長島有里枝

    長島有里枝(写真家)

    長島有里枝(写真家)

    1993年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科在学中に「アーバナート#2」でパルコ賞を受賞しデビュー。1999年カリフォルニア芸術大学Master of Fine Arts写真専攻修了。2001年『PASTIME PARADISE』で第26回木村伊兵衛写真賞受賞。写真のほかにもインスタレーションや文章を用いて、フェミニズムの視座から社会やアートの価値基準に問いを投げかける作品を制作している。2010年、短編集『背中の記憶』が第26回講談社エッセイ賞受賞。2015年武蔵大学社会学部前期博士課程修了。作品集に『SWISS』(2010)、『5 Comes After 6』(2014)など。東京都写真美術館(2016)、あざみ野市民ギャラリー(2019)などで個展、ちひろ美術館東京(2019-2018)でいわさきちひろ、群馬近代美術館(2019)で竹村京との二人展など。

    https://www.mahokubota.com/ja/

賞について

全国で発売されるNONIOの
数量限定パッケージとして商品化。
グランプリ・審査員特別賞
総額200万円贈呈。

グランプリ3部門各1名、審査員特別賞5名

その他、審査員からの講評、作品発表機会の提供もさせていただきます。
“気持ちの通うコミュニケーション”をテーマに表現された、 ペインティング・グラフィック/イラスト・写真等の平面のアート作品2点以上をご応募ください。

スケジュール

12月中旬

一次選考

12月下旬

作品現品ご提出

1月中旬

審査会(最終審査)

2月中旬

受賞者決定

3月下旬

授賞式

エントリー方法


日本時間pm12:00(正午)まで

応募資格

  • 満18歳~35歳までの方
  • 日本国内に在住の方(※国籍は問いません)
  • 表現者を目指しており、受賞後の「NONIO ART WAVE」に賛同いただけ、参加いただける方
  • 受賞後のインタビュー、授賞式、作品発表、各種プロモーション活動等に参加いただける方
  • 未成年の場合は、保護者の許可をいただいている方

募集テーマ

「ひらけ、自分。」
気持ちの通うコミュニケーションをテーマに、自由に表現してください。

審査基準

作品のテーマ性、表現力、独自性、将来性等を基準に5名の審査員で審査します。
NONIO のブランドメッセージはこちら。

作品規定

  • ペインティング部門、グラフィック・イラストレーション部門、写真部門に分類される平面作品
  • 画像サイズ=500×500~3000×3000pixel、総計100MB以下、解像度72dpi以上のJPG,JPEG,PNGファイル
  • 実寸サイズ=最大S50号(116.7cm×116.7cm)まで

作品点数

1応募2~5作品
※応募作品は同一部門の作品とします。
※応募いただけるのは1人1部門に限ります。
※選考過程において審査員のジャッジで部門が変更になる場合もあります。
※複数回の応募や部門ごとの応募は不可とします。
※他コンクール、展示会、メディア等で未発表のものに限ります。

応募期間

2019年10月16日(水)10:00 ~ 2019年12月2日(月)pm12:00(正午)

応募方法

「NONIO ART WAVE 2020」サイトのエントリーページから、応募する部門を1つ選択し、必要事項を記入しエントリーしてください。

審査方法

  • 一次審査(書類審査)
    作品画像、必要項目による書類審査
  • 最終審査(作品審査)
    作品現品とポートフォリオによる審査

※応募作品の現品とポートフォリオ (任意)を提出していただきます。
※一次通過者のみに詳細をご連絡します。

賞典

  • グランプリ3名 [各部門グランプリ1名]、審査員特別賞5名
  • 賞金:総額200万円 [各部門グランプリ50万円 、審査員特別賞10万円]
  • トロフィー贈呈と審査員からの講評
  • 各部門グランプリ受賞者の応募作品は「NONIO ART PACKAGES」のパッケージデザインに採用となり商品化されます。

審査発表

  • 一次通過者のみメールにてお知らせします。
  • 受賞者決定後、公式ホームページ・SNSにて発表します。

審査員

  • 岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)
  • 木村絵理子(キュレーター / 横浜美術館主任学芸員)
  • 名和晃平(彫刻家)
  • 服部一成(アートディレクター、グラフィックデザイナー)
  • 長島有里枝(写真家)

注意事項

  • 応募完了後、登録情報を修正・取り消しをすることはできません。
  • 複数応募や部門毎の応募は審査の対象外となります。
  • 応募者は、応募作品に関する諸権利が、応募時及び選考期間中において有効に応募者に帰属していることを保証するものとします。なお、「写真部門」への応募作品の被写体に限り、第三者の肖像権等が含まれていることは認められますが、応募者は、その被写体の権利者から本規約に基づく応募作品の利用条件の全てについて事前に同意を得ていることを保証します。なお、被写体には、第三者の著作物等が含まれていることは認められません。
  • 審査結果は受賞者決定まで公表されません。
  • 応募作品の現品送付に関わる郵送費や印刷費などの諸経費は応募者にご負担いただきます。
  • 受賞者は3月下旬の授賞式に必ずご出席していただきます。

※エントリーページの応募規約を必ずご一読ください。

個人情報について

  • 本アワードへのご応募にあたり、ご登録いただきました個人情報につきましては、一次選考通過者および受賞者への通知のために利用します。
  • 利用目的(作品応募受付、一次選考通過・受賞の通知、お問い合わせ対応)以外に利用す ることはありません。
  • 個人情報を同意なしに第三者提供することはありません。ただし、法令に基づいて開示請求された場合はこの限りではありません。

問い合わせ

NONIO ART WAVE AWARD 2020事務局
info@naw-award.jp
開設期間:2019年10月16日(水)~2019年3月31日(火)17:00

主催

ライオン株式会社

昨年の受賞作品

第一回目のNONIO ART WAVE AWARD 2019は日本全国から 1632点の作品が集まりました。受賞作品や授賞式の様子はこちらから。